Cinema 4D Liteの機能一覧

Matt
Matt
  • 更新

Cinema 4D Liteは、Cinema 4Dの簡易版で、Adobe After Effectsとシームレスに統合できるように特別に設計されています。Cinema 4D Liteは、通常、Adobe Creative Cloudの一部として含まれており、After Effectsにバンドルされています。

 

Cinema 4D Liteは、他の3Dソフトウェアパッケージを必要とせずに、After Effectsで作成されたファイルに3D要素を組み込みたいアーティストにとって便利なツールとなります。Cinema 4D Liteは、フルバージョンのCinema 4Dほどの豊富な機能はありませんが、Adobeのエコシステムにおける3Dデザインの入門ツールとしては十分な機能を備えています。

 

一般的なワークフロー:

11ヶ国語に対応

カラーチューザー

コマンダー

状況に応じたヘルプ

WindowsとMacに対応

オブジェクトごとのカスタムユーザーデータ

カスタマイズ可能なレイアウト

必須プリセット

オブジェクトとマテリアルのレイヤーシステム

複数のプロジェクトを同時に開く

オブジェクトのハイライト

ピクチャービューア

ソロボタン

To Doリスト

 

アニメーション:

タイムライン - カスタマイズ可能なトラック表示とドープシートまたはFカーブ表示モードを備えた最大4つのタイムラインウィンドウ

自動キーフレーム

トラックごとの等速オプション

XPresso

 

リミテッドMoGraph:

エフェクター: ポジション、スケール、ローテーション、カラー、タイム、フォールオフ、シェーダー、ランダム、フォーミュラ、ディレイ、パイソン、継承、サウンド、スプライン、ステップ、ターゲット、タイム、ボリューム

フラクチャーオブジェクト

 

パイプライン

シネウェア対応

画像フォーマット: PSD、TIFF、OpenEXR、HDR、DPX、RLA、RPF、BMP、IFF、JPG、PICT、PNG、TARGA

インポートのみ: DXF、DWG、3DS、DAE、FBX、DEM、LWS、STL、VRML2、OBJ、COLLADA、Alembic、DDS、glTF、USD

 

C4D Liteの注目すべき機能

ポリゴンモデリング

フルMoGraph

スカルプト

ダイナミクスとシミュレーション

パイロ

キャラクターアニメーション

シーンノード

スケッチとトゥーンのマテリアルとレンダリング

サードパーティ製プラグインのサポート

レッドシフト

パイプラインエクスポート

この記事は役に立ちましたか?

/

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。