macOS 10.15 Catalina、macOS 11.01 Big Sur、Cinema 4D - R20以前のバージョンの注意事項

Matt
Matt
  • 更新

新しい macOS 10.15 Catalina または macOS 11.01 Big Sur に R20 をインストールしたい場合、最近インストーラをダウンロードしたのであれば、問題が発生しますのでご注意ください。もちろん、当時は新しいOSに対してこれらのバージョンをテストすることはできませんでした。最初の経験では、すでにインストールされている場合は、動作するようです。


R21は、Catalinaのプレビュー版を使用してテストしており、新しいmacOSでも通常通りインストールすることができます。

注意 - Cinema 4D R19以前のインストールプログラムは、Catalina/Big Surがサポートしていない32Bitアプリケーションであるため、Catalina/Big Surにインストールすることはできなくなりました。

R20をインストールできるようにするには、以下の手順に従ってください。

1. インストーラーをダウンロードします。
2. 検索アイコン(虫眼鏡)からTerminalを読み込む。
3. 以下のテキストを引用符で囲まれた部分をコピーしてください: "xattr -cr"
4. これをターミナルにペーストします。
5. スペースを押します。
6. 次に、ダウンロードしたdmgファイルをターミナルの入力した場所のすぐ後に直接ドラッグします。このような感じになるはずです。

"xattr -cr /Users/YourName/Downloads/Cinema4d.dmg"

(-crの最後と/usersの間にスペースがあることを確認してください。)

 

7. 今すぐエンターキーまたはリターンを押して、コマンドを開始します。
8. もう一度インストーラーを実行してみてください。

 

 

動画でも解説していますので、こちらも併せてご覧ください。

この記事は役に立ちましたか?

/

コメント

0件のコメント

サインインしてコメントを残してください。