統一RLMライセンスに関するよくある質問と回答

Ashlee
Ashlee
  • 更新

新しい統一ISVライセンスは何ですか?

RLMライセンスの設定と管理を簡素化するため、Maxonは2022年4月20日からすべてのライセンス(Red Giant、Redshift、Cinema 4Dなど別々だったもの)を1つのISV(Independent Software Vendor/独立系ソフトウェアベンダー)に統一する予定です。技術的な理由により、すべてのライセンスは「redshift」ISVの下に統合されます。  

その結果、これまで複数のRLMサーバーライセンスでMaxon製品をサポートしていたお客様は、1つのRLMサーバーライセンスですべての製品をサポートできるようになります。また、クライアントマシンの設定も簡素化され、2022年4月20日以降にリリースされるすべての製品で有効な1つのアプローチに従うことになります。  

この変更は、1) 2022年4月20日以降にサブスクリプションを更新する必要があるお客様、2) 既存のRLMサブスクリプションで製品の新バージョンへのアップグレードを希望するお客様にのみ影響します。  

なお、新しい統合ISVを利用するためには、RLMサーバーをバージョン14.2に更新する必要があります。実行ファイルをこちらからダウンロードするか、RLMライセンスサーバーバンドル (Windows 64-bit, Windows 32-bit, Linux 64-bit, macOS 64-bit) に含まれる実行ファイルをご利用ください。この変更の影響に関する詳細については、RLM関連FAQをご覧ください。 

 

RLMでライセンスされている製品は何ですか?

統一RLMのライセンスは、以下の製品で利用可能です。

  • Maxon App 3.0以降
  • Maxon One (以下のリリースバージョンに準拠します)
  • Cinema 4D 24以降(Cinema 4D 24と25の最新版のインストールが必要です(maxon.netから入手可能))
  • Redshift 3.5.00以降
  • Red Giant (all releases via Maxon App 3.0以降にリリースされたすべて)
  • ZBrush 2022.0.5以降 (Maxon App 3.0以降)

 

新しいライセンスファイルは必要ですか?

統一されたRLMライセンスとツールの最新リリースを利用するためには、最新のライセンスファイルが必要です。大きな変更であることは承知しておりますので、次回の更新やライセンスの追加を行う必要はありません。

 

ライセンスの消費や使用状況の報告はどのように変更されますか?

Maxon One は、個々の Maxon ツールが使用されるときに完全にライセンスが消費されます。これは常に意図していたことですが、以前はRLMに実装されていませんでした。その結果、使用量が増加する可能性があります。

すべての Maxon ツールは、1 つの Maxon One ライセンス (share=h) で 1 台のコンピュータ上で使用することができます。

例えば、Maxon Oneのサブスクリプションを10ライセンス持っている場合、現在はCinema 4DとRed Giantは、現在別々に使用することができます。そのため、実際には10人以上のアーティストがCinema 4D、Red Giant、Redshiftを組み合わせて使っていたかもしれません。今後、これらの製品のいずれかを使用できるのは、10人のアーティスト(つまり所有ライセンス数)に限られます。

同様に、Red Giantツールの使用は、Red Giantの全ライセンスを消費します。すでに、すべてのRed Giantツールがvfxsuiteとしてチェックアウトされ、この動作を見ていると思われます。

さらに、バグによりRed GiantのRender専用ライセンスがGUIインスタンスで使用できるようになったため、Red GiantのGUIライセンスの需要が増加する可能性があります。

新しい統一RLMライセンスでは、単一のMaxon One製品と関連するライセンス使用、および各個別ツール(Cinema 4D、Red Giant、Redshift、ZBrush)のトークンベースライセンスが表示されます。これらの各ツールがライセンスを要求すると、まずその製品の個別ライセンスを取得しようとします(Universeの場合、まずUniverseのライセンスが取得され、Universeのライセンスが利用できない場合はRed Giantのライセンスが取得されます)。個別ライセンスが入手できない場合は、Maxon Oneのライセンスがチェックアウトされます。製品ごとに使用中のライセンスの正確なレポートが表示され、reqlicense 列には、どのツールがライセンスを要求したかが表示されます。

使用パターンを評価する機会があれば、Maxon アカウント担当者は追加の Maxon One サブスクリプション、または Maxon One サブスクリプションをツールごとのサブスクリプションに分割するための見積りを提供することができます。ツール単位のサブスクリプションには、Maxon One バンドル割引が適用されないことにご注意ください。

 

Redshift の以前のすべてのリリースは、新しい 統一ライセンスで動作しますか?

Redshiftは頻繁にリリースされ、特定のリリースにロックする製品の重要性を理解しているため、私たちはRedshift ISVに統一ライセンスを集中させました。その結果、すべての以前のRedshiftのリリースは、個々のRedshiftライセンスで動作するようになります。

残念ながら技術的な制限により、Maxon OneライセンスはRedshift 3.0.70以降でのみ動作します。もし、それ以前のRedshiftリリースをMaxon One Teams RLMで使用する必要がある場合は、弊社までご連絡ください。 (内部メモ: このような稀なケースでは、Redshiftのエンタイトルメントをトークンから分離し、個別に表示するようにします。この応急処置は2023年4月まで許可され、その時点で古いRedshiftリリースは使用されなくなるはずです)

 

Maxon App 経由でユーザーがアプリケーションやアップデートをインストールできないようにすることはできますか?

はい! Maxon App 3.0 には、個人ユーザが Maxon ソフトウェアやアップデートをインストールできないようにする、新しい RLM モードが含まれています。

この動作を無効にし、管理者としてインストールするには、RLMモードを終了し、my.maxonアカウントでログインして、Maxon App UIから製品をインストールすることができます。RLMモードに戻ると、利用可能な製品として認識されます。 

 

MaxonアプリケーションのRLMサーバーはどのように指定するのですか?

各クライアントマシンがライセンスサーバを検出し、ライセンスをチェックアウトできるように設定する必要があります。これは、環境変数またはシステム上のclient.licファイルによって行われます。

ライセンスサーバーは以下のロジックで決定されます。:

  1. redshift_SERVER 環境変数 (なお、REDSHIFT ISVはすべてのMaxon製品で使用されています)
  2. RLM_SERVER 環境変数
  3. REDSHIFT_LICENSEPATH 環境変数 - これは、Redshiftのみclient.licファイルの場所を定義しています。
  4. MAXON_LICENSEPATH 環境変数 - これは、Maxon App、Cinema 4D、Redshift用のclient.licの場所を定義しています。(Red GiantとZBrushはMaxon App経由でライセンスを取得します)。
  5. Redshiftのみ、以下のRedshiftのデフォルトのライセンスパス:
    1. Windows: %PROGRAMDATA%\Redshift\
    2. Mac: ~/redshift/
    3. Linux: ~/redshift/
  6. すべてのMaxon製品について、デフォルトのライセンスパス:
    1. Windows: %PROGRAMDATA%\Maxon\RLM
    2. Mac: /users/Shared/Maxon/RLM
    3. Linux: /etc/opt/maxon/RLM

環境変数の場合、内容はport@hostname またはport@ipで提供すること

client.licの場合は、以下のような書式で記述します。

HOST <hostname> ANY <port>

 

Render-only Licensesの仕組みは?

Cinema 4DとRed Giantについては、DeadlineやQubeなどのコマンドラインツールで使用できるレンダー専用ライセンスを提供し、ネットワークでレンダリングジョブを分散させることができます。Cinema 4Dのレンダリング専用ライセンスはRedshift CPUにバンドルされているため、CPUを使ったネットワークレンダリングは追加費用なしで可能です。Redshift GPUは、レンダリングクライアントごとに個別のサブスクリプションが必要です。

Cinema 4DとRed Giantの場合、コマンドライン(レンダリング専用)インスタンスは、最初にレンダリング専用ライセンスのチェックアウトを試みます。レンダリング専用ライセンスが利用できない場合、利用可能なGUIライセンスがフォールバックとしてチェックアウトされます。C4Dのレンダリング専用クライアントでGUIライセンスが使用されないようにするためのRLMグループ化または環境変数: MAXON_RENDERONLY = true. 

Red Giantの場合、レンダリングのみのクライアントにGUIライセンスが使用されないようにする環境変数: MAXON_DISABLE_RENDERONLY_FALLBACK = true.

 

RLMの.licファイルの有効期限はいつですか?

簡単に言うと、有効期限が11月8日の場合、ライセンスサーバーのローカルタイムゾーンで11月9日00:00になると、ライセンスは無効となります。以下は、Reprise社からの引用です。:

  • ライセンスの有効期限は指定された日の午前0時、つまり、有効期限日の1日中が有効です。
  • RLMは時計の改ざんをチェックするために、独自のアルゴリズムを使っています。このアルゴリズムは他のコンピュータにアクセスせず、RLMではバージョン1.0から使用されています。このアルゴリズムは高速ですが、時々誤検出をすることがあります。
  • 有効期限は、有効期限と同様に、クライアント(ノードロック ライセンスの場合)またはサーバー(フローティング ライセンスの場合)のローカルタイムで表示されます。

この記事は役に立ちましたか?

/

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。