割り当て済みライセンスと割り当て可能ライセンスの日付の違いについて

Matt
Matt
  • 更新

My.Maxon.net の表示で、割り当て済みライセンスと割り当て可能ライセンスでは、同じライセンスでも異なる日付が表示されますが、これらの日付は異なる情報を伝えています。

 

割り当て済みライセンスの下にあるオフラインの有効期限 は、ライセンスを同期するためにデバイスをオンラインにする必要がある日を示しています。これは、弊社のライセンスが、最低2週間に1回オンライン認証が必要でそれの期限終了日を表示しています。この日付は14日ごとに変わります。オフライン環境で作業することが多くない限り、この日付は無視できます。
お使いのコンピュータがインターネットに接続している状況であれば、この日付は自動的に延長されます。ただし、この日付はライセンスの有効期限やサブスクリプション更新のタイミングではありません。  

 

オフライン環境で作業している場合は、14日ごとにインターネットに接続し、ライセンスの資格を検証する必要があります。定期的にサーバーに接続しない場合、ライセンスの認証が中断されます。

 

割り当て可能ライセンスの下にある期限終了日は、あなたのライセンスの契約の終了日を示しています。この日付を参照することで、ライセンスの有効期限や更新時期を確認することができます。この日付が期限切れまたは更新を意味するかどうかは、サブスクリプションで自動更新を有効にしているかどうかによって異なります。 

この記事は役に立ちましたか?

/

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。