Cinema 4D 2023.1.0 - 2022年11月9日

Doug Y
Doug Y
  • 更新

重要事項

デフォルトでは、Cinema 4D 2023.1は、"Maxon Cinema 4D 2023 "フォルダにインストールされ、Cinema 4D 2023.0を含む、既にインストールされている全てのファイルを置き換えます。これは、顧客が管理する必要のあるビルドの数を最小限にし、プリフィクスやプラグインの移行を最小限にし、全体のディスク使用量を減らし、常に最新のリリースを使用できるようにするために意図的に行われたものです。もちろん、各ドットリリースの個別のインストールを維持したい場合は、インストール時にインストール先をカスタマイズすることができます。

先行リリースのインストーラーが必要な場合は、以下をご覧ください: www.maxon.net/downloads

新機能

パイロ - リアルな煙・火・爆発シミュレーション

  • パイロタグを追加することで、任意のオブジェクトに煙、火、爆発を簡単に発生させることができます。

     

  • 煙と火のシミュレーションのための非拘束領域を持つ疎なソルバー

     

  • GPUまたはCPUを使用したシミュレーションの解法

     

  • クロス、ロープ、ソフトボディによるシミュレーション環境とフォースの共有

     

  • フィールドフォースを含むC4Dフォースのサポート

     

  • サーフェスまたはボリュームからの燃料、密度、速度、温度、色、圧力の放出。バーテックスマップのサポートによるエミッションのマスキング

     

  • 複数の移流モードと圧力ソルバ

     

  • パイロオブジェクトにより、Pyroシムからvdb構造を選択的に生成可能

     

  • パイロオブジェクトを用いたPyroシミュレーションのvdbへの簡単なキャッシング

     

  • シミュレーションのタイムスケール

     

  • NanoVDBを用いたパイロおよびVDBのフォグオブジェクトにおける密度や温度の高品質なビューポート表示

放射対称とモデリング機能強化

  • ほとんどのモデリングツールでの放射状対称(平面とトポロジーに加え)

     

  • 対称化コマンドでの放射状対称

     

  • 選択を対称化コマンドでの放射状の対称性

     

  • アイロンツールは、メッシュと選択範囲の境界を保持します。

     

  • フラット化ツールに軸位置を使用するオプションが追加されました。

     

  • ポリゴンの穴を閉じるツールに、回転と幅のオプションをサポートした単純な円形ホール用のパッチモードが追加されました。

     

  • ポリゴンの穴を閉じるツールに新しい穴をすべて閉じるオプションが追加されました。

RS カメラ

  • カメラパラメータを定義するUXの大幅な改善

     

  • フォーカス、ボケ、モーションブラー、露出をカメラの物理的属性で定義

     

  • Redshiftの色調補正、レンズ効果、その他のポストエフェクト設定を簡単に追加可能

     

  • センサーフィットオプションにより、カメラとレンダリングアスペクトの関係を制御し、単一のコンポジションを異なるアスペクト比で簡単にレンダリング可能

     

  • ビューポートのカメラプレビューを常に表示、表示しない、選択時に表示するフラストゥムディスプレイオプション

     

  • カメラフォーカスプレーンの不透明度を調整できる塗りつぶし表示

     

  • 魚眼、球体、円筒の投影のビューポートプレビュー

Redshift統合の改善

  • Redshift プレビューのビューポート レンダリングがより簡単に - 未対応の場合のみアクティブなノードスペースが変更されます。

     

  • アニメーション化されたテクスチャのRedshiftビューポートプレビュー

     

  • 頂点カラーと頂点マップのRedshiftビューポートプレビュー

     

  • 単純なRampノードのRedshiftビューポートプレビュー(ノイズはサポートされていません。)

     

  • カラー補正ノードのRedshiftビューポートプレビュー

     

  • Redshiftビューポートの色の反転と値の反転ノードのプレビュー

     

  • カラー合成ノードの Redshift ビューポートプレビュー(カラー、バーテックスマップ、ノイズを含むテクスチャを合成する場合 - 複数のテクスチャはサポートされていません。)

     

  • RS Standardマテリアル。サブサーフェスカラーとウェイトのビューポートプレビュー

     

  • RSマテリアル。サブサーフェス透過率カラーとScatterスケールのビューポートプレビュー

     

  • RS ビューポート プレビューは、GoZ、USD、FBX マテリアル インポートで使用される一般的なグ

  • ループ ノードをサポートします。

その他の改善

  • Apple SiliconにおけるSubstance Engineのサポート

     

  • フィールドを使用したプロシージャルポイントおよびエッジの選択

     

  • プロシージャル選択タグはタグメニューから簡単に追加可能

     

  • プロシージャル選択と頂点マップは、"変形ポイントを使用 "によって変形の前でも後でも計算することができます。

     

  • すべてのタグメニューは引き裂くことができ、タグはパレットに統合可能

     

  • シーンノード。数式ノードにより、1つのノードで多段階/多変数の簡単な計算が可能

     

  • シーンノード ジオメトリコリジョンノードのオプションと動作の改善

     

  • Cineware Unreal Integrationは、C4D 2023.1およびUnreal Engine 5.0.3 または5.1をサポートし、変形メッシュアニメーションをサポートするようになりました。ダウンロードは、maxon.net/unrealからお願いします。

バグフィックス

  •  
  • アセットブラウザ
    • アセットブラウザのバージョンタブで、アセットをダウンロードするためのアイコンがテキストの上に配置される不具合を修正
      アセットブラウザで、CAD交換ファイルのメタデータ生成を中断できない不具合を修正
  • 属性マネージャ
    • 属性マネージャの一部の入力フィールドで、Caps LockキーがReturnキーのように動作する不具合を修正
      CMotionオブジェクトの "Enabled "チェックボックスに関する問題を修正しました。
  • Cineware
    • Apple M1で3Dシェイプレイヤーを操作する際のCinewareの安定性に関する問題を修正しました。
      Cineware内のAsset BrowserでBodyPaint 3Dのスマート検索が表示される不具合を修正しました。
      シネウェアのアセットブラウザで、アクティベートされたアイコンの色が正しく表示されない不具合を修正しました。
  • カラーマネジメント
    • カラーマネージメントで、プロジェクトをOpenColorIOに変換すると、すべてのTakesが含まれない問題を修正しました。
    • カラーマネージメントとバーテックスのカラータグに関する問題の修正
    • 32ビットカラーマネジメントのピクチャーを8ビットJPGに保存する際のカラーマネジメントに関する問題を修正しました。
    • Team Renderで32ビット色深度が使用されないカラーマネジメントの問題を修正
    • グローバルメニューからシーンカラーの変換ダイアログを開くとすぐに変換が開始されるカラーマネージメントの問題を修正しました。
    • 画像ビューワーから手動で保存する際に、OCIOフレームバッファが不要な変換を受け取らないという問題を修正しました。
  • 変換
    • Apple M1でのUSDエクスポートに関する問題を修正しました。
    • USDエクスポートで、含まれているテクスチャがUSDZエクスポートファイルに表示されないという問題を修正しました。
    • USD エクスポートのパフォーマンスに関する問題を修正
    • テクスチャが正しく解釈されないというUSDインポートの問題が修正されました
    • JPGインポートで、イメージの向きが正しく検出されないという問題が修正されました
    • FBXインポートで、マージされたインポートファイルのテクスチャが検出されないという問題が修正されました
    • インポート設定でRedshiftレンダラをターゲットにした場合、FBXインポートが完了しない問題を修正
    • CinewareでIllustratorのDraft品質レンダリングが黒くなる問題を修正
    • ベクターインポートジェネレータで、更新ボタンを繰り返しクリックするとシーンが消えてしまうという問題を修正しました
    • Forger から Cinema 4D にエクスポートされる選択オブジェクトに関する問題を修正しました。
      ForgerのmsmeshファイルをCinema 4Dで開く際に発生した問題を修正
  • インターフェイス
    • ヘルプブラウザーで誤ったウィンドウタイトルが表示される問題を修正
    • 異なるモニターで[バージョン情報]ウィンドウが開くと起こっていた問題を修正
    • ユーザーインターフェイスの設定にColorSpaceオプションがない問題を修正
    • オブジェクトマネージャで "オブジェクトの接続"+"削除 "を選択すると、カスタムタグの色が保持されないという問題を修正しました。
    • スイープオブジェクトで回転の詳細スライダーの数値が範囲外になっていた問題を修正
    • カラー選択で、リニア/ノンリニアのカラー値のトグルボタンが表示されないという問題を修正しました。
    • メインウインドウに複数のプロジェクトタブがある場合、非アクティブなプロジェクトタブを
    • 閉じるとアクティブなプロジェクトが切り替わる不具合を修正
    • macOS環境でメインメニューに空のメニューカテゴリーが表示される不具合を修正しました。
    • 属性マネージャで、非アクティブなツールプリセットのアイコンがグレーアウトしていない問題を修正
    • Cinema 4Dウィンドウを閉じようとしているときに「バージョン情報」画面がアクティブになると、保存されていないプロジェクトの警告ウィンドウのボタンが反応しなくなる問題を修正しました。
    • ユーザーデータのデフォルト値に関する問題を修正しました
  • マテリアル
    • 複数のオブジェクトのテクスチャを1つのテクスチャにベイクしようとすると、テクスチャに関する問題が発生する問題を修正
  • マテリアルマネージャ
    • マテリアルマネージャでテクスチャをマネージャウィンドウにドロップしても、「デフォルト」ではなく「標準」のマテリアルが作成される問題を修正
  • モデリング
    • ベジェスプラインのポイントタンジェントを回転させたときの問題を修正
    • 対称モードがアクティブな状態でポリゴンホールを閉じる際、法線の方向に関する問題を修正しました。
    • パッチモードのポリゴン穴を閉じる機能で、パッチの向きを指定できない問題を修正
    • スプラインペンで曲線のスプライン部分をダブルクリックすると、直線に正しく変換されない問題を修正しました。
    • ベジェスプラインにおいて、移動ツールで点の接線を個別に編集できない不具合を修正しました。
    • ポリゴンペンとシンメトリーモードに関するいくつかの問題を修正しました。
    • 対称モードでのフロー設定ツールの不具合を修正
    • フラット化ツールで、モデリング軸モードがオプションの個別島嶼で正しく機能しない問題を修正しました。
    • クローン化されたスプラインでロフトジェネレータが正しく動作しない問題を修正
    • エフェクタを介してMoGraphオブジェクトによって駆動される場合に、頂点カラーおよび頂点
    • マップタグが正しく更新されないという問題を修正しました。
    • リメッシュオブジェクトがVertex Mapタグで動作しない問題を修正しました。
    • 対称・ジェネレータがビューポート・ソロ機能で機能しない問題を修正
    • マテリアルをインポートする際のアセット・ブラウザの安定性に関する問題を修正
    • スケールツールのオブジェクト単位の変形オプションが移動ツールの動作に影響を与えるという問題を修正
    • モデリングブラシ使用時にコンソールで「0 nullptr」エラーメッセージが表示される問題を修正
    • 対称が有効な場合に、アイソライン編集が正しく表示されない問題を修正
    • 対称モードでの SDSジェネレータで、Isoライン編集 が無効な場合に対称側の選択されたエッジがハイライト表示されないという問題を修正
    • 対称モードで、対称面にある点がクランプされないという問題を修正しました。
    • 対称モードでブラシとマグネット ツールがメッシュの対称性を歪めていた問題を修正
    • 対称モードで、表示された対称平面がオブジェクトのバウンディング ボックスにスケールされないという問題を修正しました。
    • スカルプト ツールの使用中に表示された対称平面が消えてしまうというシンメトリー モードの問題を修正しました。
    • 縫い付けツールで法線が反転したポリゴンが作成される問題を修正
    • 接続オブジェクトで、接続されたスプラインの「中間点」タイプが変更される問題を修正
    • オブジェクトモードで[細分化]コマンドが機能しない問題を修正
    • MoGraphインスタンスの再生に関するパフォーマンスの問題を修正
    • プレビューオプションが無効な場合にソフト選択が正しく動作しない問題を修正
    • ポリゴンの穴を閉じるツールの安定性に関する問題を修正
  • MoGraph
    • MoGraphにおいて、ネストされたクローンの向きをフィールドで適切に制御できない問題を修正
    • プロテクトタグを使用して保存すると、テキストオブジェクトが破損する問題を修正しました。
    • クローナーオブジェクトの属性マネージャのパラメータに不正な名前がある問題を修正
      プロシージャルのエッジ選択と Matrix オブジェクトの問題を修正しました。
  • ノード
    • ジオメトリ・コリジョン・ノードで距離の計算が正しく行われていなかった問題を修正
    • ジオメトリ・コリジョン・ノードにおけるワイヤ接続の安定性に関する問題を修正
    • シーン ノードで、接続されていないノードをメモリ ノードに接続すると、セットアップが動作しなくなる問題を修正
    • シーン ノードで、ハッシュ ノードをトランスフォーム ベクトル ノードの入力として使用すると、セットアップが動作しなくなるという問題が修正されました。
    • スイープノードが不正な結果を提供する問題を修正しました。
    • ポイントからラインノードで 内部スコープ 入力ポートが欠落していた問題を修正
    • ループ・キャリード・バリュー・ノードの内部で使用されるコネクト・ノードに関する問題を修正しました。
    • バンドル ポートの定数入力とアクセス ポートのダイナミック入力でコンパイル エラーが発生するシーン ノードの問題を修正しました。
    • 押し出しノードと クロス タグを組み合わせて使用した場合のパフォーマンスの問題を修正
    • アセットブラウザで、ほとんどのジオメトリ修正ノードにアイコンが表示されないという問題を修正
    • 押し出しノードでキャップが作成されないという問題を修正
    • 分布OpノードとエフェクタOpノードを接続する際のシーンノードの安定性に関する問題を修正
      シーン ノードで、メンバーを取得 ノードのコレクション入力ポートがデフォルトで赤で表示される問題を修正しました
    • 選択をインデックスにノード の Bool 配列出力に関する問題を修正
    • ジオメトリ・プリミティブ・ノードのコンターで、属性マネージャにスプライン図が表示されない問題を修正
    • ジオメトリ修正カプセルの一部のアクションが元に戻せない問題を修正
  • オブジェクト
    • モーションカメラでデプスコントロールを有効にすると元に戻せなくなる不具合を修正
  • その他
    • ビューポート・ソロ機能でステージ・オブジェクトが機能しない問題を修正
    • macOS 情報の Cinema 4D のバージョン番号に関する問題を修正しました。
  • 画像ビューアー
    • カスタムレイアウトをスタートアップレイアウトとして使用する際の安定性に関する問題を修正しました。
  • Python
    • Python Consoleの履歴が破損する可能性がある問題を修正しました。
    • 複数行のPython Consoleが破損する可能性がある問題を修正しました。
    • PythonのDataDictionaryに関するいくつかの問題を修正しました。
    • AssetInterface.GetAssetUrlを呼び出すことができなかった問題を修正
  • Redshift
    • コンバートせずに直接Redshift Cameraを作成できないUIの不具合を修正しました。
    • Redshift CameraでレンズフレアにTintカラーが設定できない不具合を修正
    • macOS上のRedshift CPUの安定性の問題を修正
    • 特定のRedshiftマテリアルとRedshift CPUを使用した際の安定性の問題を修正
    • Redshift Rendererの安定性に関する問題を修正
    • スタックされたマテリアルとRedshift CPUのパフォーマンスに関する問題を修正
    • Redshift カメラの画角のデフォルト値が正しくないという問題を修正
    • Redshift カメラで、カメラセンサーのフィットパラメータが常にスクエアではなくホリゾンタルになっていた問題を修正
    • Redshift マテリアルで、アニメーション化されたテクスチャがビューポートに表示されないという問題を修正
    • Redshift カメラで、フォーカス ピッカーがフォーカス プレーンにブロックされていた問題を修正
      カラーマネージメントで、古いシーンが常に基本設定で開かれていない問題を修正
  • レンダーキュー
    • レンダーキューと画像シーケンスのパフォーマンスに関する問題を修正
  • レンダラー
    • ビューポートレンダラーでノード空間を標準に変更すると、Redshift マテリアルが無効になる問題を修正
    • フィジカルレンダラーとインタラクティブレンダリージョンのパフォーマンスに関する問題を修正
  • シミュレーション
    • アニメーションの混合において、コリジョンオブジェクト間で交差が発生する不具合を修正
    • クロスシミュレーションで、頂点マップが破断機能で正しく動作しない問題を修正しました。
    • ロープシミュレーションで、他のプロジェクトに切り替えた後、フレーム0に初期状態が復元されない問題を修正
    • ロープシミュレーションで、初期化時にオブジェクトがジャンプする問題を修正しました。
    • ロープシミュレーションが遅延後にのみ反応する問題を修正しました。
    • シミュレーションの再生中に四角形対角線パラメータを変更したときの布タグの安定性に関する問題を修正しました。
    • パーティクルとしての布オブジェクトの寿命が短い場合の安定性に関する問題を修正
    • スプラインに適用された頂点マップがフィールドに影響されないというRope Tagシミュレーションの問題を修正
    • クロスシミュレーションで最小ターゲットの長さパラメータがアニメーション化されないという問題を修正
    • クロスのコリジョンとAlembicファイルに関する問題の修正
    • クロスシミュレーションで着付けツールのリラックスコマンドが正しく動作しない問題を修正しました。
    • クロスシミュレーションの頂点マップとAlembicファイルのリフレッシュに関する問題を修正しました。
    • クロスシミュレーションで着付け機能が一度しか動作しない問題を修正しました。
      プロシージャル頂点マップの反転に関する問題を修正しました。
    • アニメーションの混合とソフトボディパーティクルの問題を修正
    • クロスシミュレーションで、接続されたクロスオブジェクトの間にコネクターラインが表示されないという問題を修正
    • ロープ・シミュレーションで頂点マップが正しく補間されないという問題を修正
    • キャッシュを消去するとフレーム0でのオブジェクトの初期状態が失われるというクロスシミュレーションの問題を修正
    • Thinking Particlesがフィールドフォースオブジェクトで機能しない問題を修正
    • クロスシミュレーションのタグで、負の弾力性値がメッシュを消失させるという問題を修正
    • SpringオブジェクトのRest Angleパラメータに関する安定性の問題を修正
  • テイクシステム
    • テイクシステムにおいて、テイクを削除すると他のテイクのデータも削除される不具合を修正
  • タイムライン
    • タイムラインのマーカー作成ボタンでダイアログウィンドウが開かない問題を修正
  • UVツール
    • UV 編集で、UVアイランドがつながっていないにもかかわらず、ダブルクリックでマージされてしまう不具合を修正
  • ビューポート
    • 非常に多くのポイントを持つスプラインでライブ選択ツールが不安定に動作する問題を修正
    • プロジェクトタブを切り替えたときの安定性に関する問題を修正
    • ビューポートとレンダリング結果の間でカラーが一致しない問題を修正
    • ビューポートで、直交するパネルの背景画像が明るく表示される問題を修正
    • HUDで、古いシーンでビュー変換が表示されない問題を修正
    • UV エディタで、特定のイメージがテクスチャ ビューに正しく表示されないという問題を修正
    • しました。
    • ビューポート構成で、モニタ色空間の詳細が長すぎて属性マネージャパネルに収まらないという問題を修正しました。
    • Magic Bullet Looksの安定性に関する問題を修正
    • プロジェクトノードオプションのカラーチャンネル使用でビューポートがフリーズする問題を修正
    • Magic Bullet Looksでビューポートに正しい結果が表示されないというカラーコレクションに関する問題を修正しました。
    • UV エディタでポイントをダブルクリックした際に発生した安定性の問題を修正
  • ボリューム
    • ボリュームローダーが無効化されたグリッドを忘れてしまう問題を修正
  • Xpresso
    • XPressoを無効にした状態で特定のXpresso ノードのCPU使用率が増加するパフォーマンスに関する問題を修正しました。

その他注意事項

  • Cinema 4D 2023.1.0 には、Redshift 3.5.09 の修正が含まれています。3.5.10以降にアップグレードすると、MacOS 13 Venturaのサポートの改善を含む、最新の機能と修正が適用されます。

     

  • Redshift 3.5.09のスタンドアロン版は、Cinema 4D 2023.1.0と完全な互換性はありません。この非互換性が検出された場合、ユーザーはC4D起動時にポップアップ警告が表示されます。Redshift 3.5.10にアップグレードするか、Redshiftのネイティブインストール(/plugins/Redshiftフォルダを削除)を使用してください。

     

  • Redshift 3.5.10以降と2023.0.0または2023.0.1との間に互換性はありません。Redshiftとの互換性を維持するためには、Cinema 4D 2023.1.0にアップグレードしてください。以前のC4Dリリース(21-26)は、影響を受けず、Redshift 3.5.10と完全な互換性があります。

この記事は役に立ちましたか?

/

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。