PluralEyes:有限メンテナンスモードへ変更

Kristina K.
Kristina K.
  • 更新

2023年2月1日より、PluralEyesは有限メンテナンスモードに変更します。既存のユーザーは引き続きアプリケーションをご利用できますが、今後新しいバージョンのリリースはありません。なお、PluralEyes 2023.0.0のテクニカルサポートと重要なバグ修正については、こちらの公表後1年間継続されます。PluralEyesが非常に皆様に愛され、効果的なツールであることを理解しており、10年以上に渡って皆様からのサポートに感謝いたします。

 

 

なぜPluralEyesは開発中止になったのでしょうか?

PluralEyesは、サウンドの自動同期のパイオニアであり、他の選択肢が限られていたビデオ編集者たちに高速かつ正確な機能を提供してきました。これらの機能は、現在ではほとんどのビデオ編集ツールで標準装備されています。

 

PluralEyesの代わりに何を使えばいいのでしょうか?

Premiere Pro、Final Cut Pro X、DaVinci ResolveまたはAvid Media Composerでは、波形によるサウンド同期機能を搭載しています。

 

引き続きPluralEyesを使えますでしょうか?

はい、PluralEyesはこちらの発表の時点でMホストアプリケーションのバージョンでも動作し、重要なバグ修正は1年間継続される予定です。

 

引き続きPluralEyesをダウンロードできますでしょうか?

PluralEyesのダウンロードは、少なくとも1年間は継続されます。

 

引き続き技術的なサポートは受けられますでしょうか?

Maxonでは、この発表からの1年間では技術サポートを継続されます。

 

この記事に記載されていないご質問がある場合は、下記までご連絡ください。

https://support.maxon.net

この記事は役に立ちましたか?

/

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。