無料のCinema 4D Liteライセンスをアクティベートする方法について

Sibo
Sibo
  • 更新

Adobe After Effectsには、Cinema 4D Liteが無料でインストールされています:
Cinema 4D Liteは、Maxonの受賞歴のある3Dソフトウェア:Cinema 4Dの機能豊富で合理化されたライトバージョンです。

Cinema 4D Liteを使用するには、Adobe After Effectsを起動し、ファイル>新規>Maxon Cinema 4Dの手順で進んでください。
Adobe After Effectsを経由してCinema 4Dを起動するのみ、Cinema 4D Liteライセンスが付与されますのでご注意ください。


ステップ 1:
After Effectを起動し、[ファイル] > [新規作成]を選択し、[Maxon Cinema 4D ファイル...]をクリックしてください。
このプロセスで、自動的にCinema 4Dが開きます。


ステップ 2:
Cinema 4Dのライセンスマネージャが表示されましたら、"Maxon App を開く "のリンクをクリックして、Maxon Appを起動し、無料のCinema 4D Liteライセンスをアクティベートしていただけます:


ステップ 3:

Maxon Appが起動されましたら、まずサインインしてください(まだサインインしていない場合)、Maxon Appの上部にある "Claim License" ボタンをクリックして、無料のCinema 4D Liteライセンスをアクティベートしてください:
Screenshot 2024-06-27 at 3.40.21 PM.png


注意事項:

  • macOS 13 Venturaをご利用の方は、少なくともmacOS 13.3(もしくは以降のバージョン)へのアップデートをしてください。バージョン13.0から13.2.1では、上記のプロセスでAfter Effectsがフリーズするという報告を受けていますので、こちらをご確認ください。
  • 上記のプロセスを経た後、Cinema 4D Liteを起動するには、After Effectを使うか、Cinema 4D自体を起動していただけます。
    Cinema 4D のインストールパス以下となります:
    Windows: Program Files > Maxon Cinema 4D 20** > Cinema 4D.exe
    Mac: Applications > Maxon Cinema 4D 20** > Cinema 4D.app
  • すでにCinema 4Dの商用版がインストールされている場合は、こちらを優先的に起動されます。
    以下のFAQをチェックし、ライセンスの切り替え方をご参照ください:
    試用版、Lite版、サブスクリプション版のライセンスを切り替えたい場合はどうしたらいいですか?

 

この記事は役に立ちましたか?

/

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。